やはり早い!フレッツ光の光回線に変えて正解でした!

私は、以前は、自宅のネット回線をADSLで契約をしていましたが、やはり速度が遅く感じていました。当時、そういうことにあまり知識が無かった私は、速度が遅いのを、自分の使用しているパソコンが古いのが理由だと思い、パソコンを買い換えたのですが、全く速度は上がりません。当たり前ですよね。

今、考えると自分の無知さに笑ってしまいます。そこで、いろいろ知人に聞いたり、インターネットで調べたところ、光回線にたどり着きました。私が選んだのは、やはり有名な光回線であるフレッツ光です。

もちろん月額料金はADSLと比べると大幅に上がってしまうので、契約時には、これでネットの速度が変わらなかったらどうしよう?とかなり不安で契約をしました。新規申込みのため、工事費も無料でした。工事が終わり、早速、ネットを閲覧してみました。もうドキドキでした。

するとブラウザを起ち上げた瞬間に、いつもであれば、トップに設定してあるサイトを表示するのに、ジリジリとカウンターバーが進んで読み込んでいくのですが、この時は、違いました。カウンターバーがスッと最後まで動き瞬間でトップ画面を表示しました。

もう感動ですよ。一人で「なんだよ。これ!」と声に出して喜んだのを良く覚えています。帰ってきた妻にも見せると「嘘でしょ!」とあまりの速さに驚いていました。

今までは、インターネットを見ることにストレスを感じていたのですが、そのストレスが全く無くなった事で、以前よりも、もっとインターネットを活用するようになりました。こんな事なら、もっと早く光回線に変えれば、良かったと思いました。

プロバイダの乗り換えは料金と特典に注目

回線を変えずにプロバイダだけ乗り換える人が最近増えています。何もせずにそのまま使い続けるより、2年を目途に乗り換えていった方が長い目で見るとコストが大きく変わってきます。

プロバイダを乗り換える時に注目すべきポイントとしては月額と特典があります。ネットの使用料金はフレッツ光などの回線使用料金とプロバイダ料金との合算になります。したがって、比較する時はプロバイダだけの料金に注目する必要があります。合算で表示されているプロバイダはきっちり切り離して考えましょう。

次に特典ですが、料金の割引とキャッシュバックに分かれています。割引の方は6ヶ月から24ヶ月までプロバイダによって様々です。キャッシュバックは新規契約と比べると見劣りしますが、5000円から10000円ほどになります。

あと注意点としては使用しているプロバイダが被る期間があるので、それだけは納得して申し込む必要があります。逆に言えばネットが使えなくなる期間が無いので、心配無用です。

回線自体は変わらないので、光テレビや光電話は特に変更することなくそのまま使い続けられます。変わる点としてはプロバイダ固有のメアドやポイントなどが無くなってしまう点です。大事なアドレスならアドレスだけ残せるプロバイダもありますので、一度契約しているプロバイダに確認してみましょう。

乗り換えの際におすすめなのが比較サイトの利用です。各社の数字が一括で比較できるので、よりお得に乗り換えることが出来ると思います。

ちなみに私のおすすめの参考になるサイトはこちらのプロバイダ乗り換えです。

光回線について。

NTT西日本から提供されている光回線。
我が家では光回線でなくYahoo!BBと書かれた回線を使っており(Yahoo!側から2000円でネットをさせてもらっていました)バッファローによるネットの無線RANを使用してネットをしています。

以前は光回線の電話がよく自宅に掛かってきていました。
光回線を使ってネットを利用している方は多いと思います。速度が速いですし、軽いので使いやすいと思います。

ネットは回線なくては出来ませんが、実際はどこの回線が一番ユーザーが多いのでしょうか。
光回線は最近は鈍化してきているようで、利用者数がこの先他の回線のところへ流れていきそうです。スマートフォンの普及によりネット回線自体無くても困らないくらいのものになってきてしまっており、サービスをつけて顧客の興味を引かないと厳しい模様です。

我が家はバッファローですがそれもなかなか早くてページを切り替えるのが早いです。ですがたまにネットがつながらず、機能しなくなることもあります。調子がいいときはすごくいいのですが、そうでないときは半日ほどネットが繋がらない日もありました。その頻度は頻繁ではなく、数ヶ月に一度といった具合です。

Yahoo!も早いです。ネット上にはホワイトBBとフレッツ光でどちらが早く切り替えが利くか試した検証動画もあります。最近は携帯電話・スマートフォンを販売しているauもauひかりを発表しました。スマホは何かを検索して閲覧する分にはいいものの、動画だと容量に対応しきれず動作が重くなってしまうことがあるそうです。

光回線の乗り換え

現在は、フレッツ光を使っています。

以前のダイヤルアップからADSLによっては移行した時でも
家族一同ともども大きな感動と驚きがありました。

しかし、引っ越しに伴い ADSLが使えない地域だったこともあり
光回線にしようとなりました
それから5年が経ちましたが、利用のシーンも大きく様変わり
した思います。

光回線にした時は我が家にはパソコンが1台だけでした。
しかし、今ではパソコンは3台。
他に家ではスマホモWiFiで使っているので
端末だけでも一人一人が持っているので5台は繋がっている時も
あります。

ましてや息子はネットのゲームをしたり、娘が曲のダウンロードや映画を見たりと
光回線でないと到底持たないと思います。

我が家にとっては光回線が必須になっているのです。

しかし、今回、変更するのは地元のCATV会社が提供する
回線です。

乗り換える理由は費用です。
今、月々5000円を越える料金を払っているのですが
移行することによって4000円代まで落とすことができます。

しかも、回線スピードは今まで以上にに早くなりますので
見直しになることは自然な流れかもしれませんでした。

次の休みの日に変更になるのですが、変更後どのように
変化したのかすぐには感じられないでしょうが
楽しみにしています。

いずれにしてもスマートフォンやタブレットパソコンが普及してきたので、WiFiの利用頻度も高くなってきていますので
光回線を使わないとバンクしてしまう状態なのです。

ADSL

ネット初心者です。
といってもインターネットはもちろん、これまでも携帯やスマホなんかで済ませていたのですが、パソコンを使うことはなかったので、じつは自宅に回線を引くということに少しためらいがあったりしたんです。ためらっていたというより、そこまで必要性を感じていなかったんでしょうね。

ところが今回、仕事の都合でどうしても自宅にパソコンを置く必要が出てきた、それで回線も引かなければならない、ということでまあいろいろ調べてみたわけです。何も贅沢な環境が必要だったわけではなく、とにかくつながってさえいればよいという状況だったので、まずは安いものがいいだろうと探していたら、Yahoo!BBのADSLに行き当たったわけです。

まず安さにびっくりしました。
ネット回線のイメージというのは、ずいぶん昔に話に聞いていただけで頭の中ではとても古い情報のままだったようです。こんなにも低価格で、携帯よりうんと安いにもかかわらず、上限もなく使えるということに驚きました。

また、自宅で工事をする必要がない、というのも高ポイントでした。
これもまたイメージだったんですが、「工事」をする、というと何やらドリルで壁に穴を開けたりするんだという大げさなイメージがあって、まあよく何をするのか得体が知れないと、初心者としてはやはりためらいがあったわけです。ところが説明によれば工事は電話会社の方で行うだけで、こちらはわざわざ自宅待機する必要もないとのことでした。
これにはずいぶん気が楽になりました。

安い、その上お手軽、思った以上の気軽さですぐに申し込んでしまっていました。
その後も一週間とたたないうちに工事も済んで、届けられたモデムの接続も想像していたよりうんと単純なもので、はじめてネットにアクセスできたときにはあまりのあっけなさに、あれほど身構えていた自分に思わず笑ってしまいました。

結局、仕事以外にはそれほど使うつもりもなかったんですが、光回線に比べて遅い、と言われていたわりに動画なんかもまったくストレスなしに見ることができて、今では自宅にいるときはほとんどパソコンを使うようになってしまいましたね。

あとは、ケーブルが少し邪魔に感じられるので、無線LANにしようかどうか、というところでしょうか。おおむね満足しています

2年の縛りが解けたら、プロバイダだけ乗り換えを

一昨年の4月に、自宅のブロードバンド回線をADSLからフレッツ光ネクスト(マンションタイプ)に変えることになりました。

このとき使っていたプロバイダはplalaだったのですが、光回線への新規加入と他のプロバイダへの契約で数万円のキャッシュバックがあるのは今も同じです。このキャッシュバックを目当てに、当時はキャッシュバックがもっとも充実していたOCNにいったん加入することになりました。

2年経った先月、OCNから他のプロバイダに変更するためにいろいろ調べてみたところ、フレッツ光の回線はそのままでプロバイダだけ乗り換える人のためのキャンペーンがいくつかあることに気づきました。

その中でもBiglobeは、乗り換えと同時にLTEのSIMカードの利用を申し込むことで、1年間のLTEの料金が無料になるキャンペーンを開催していたのです。

もともとOCNでのインターネットの利用には特にメリットを感じていなかったので、5月からBiglobeに乗り換えたところ、回線の速度も少し速くなったように思えます。逆に、フレッツ光という同じ回線を使っていても乗り換えるプロバイダによってはインターネットへの接続の速度が落ちることがあるかもしれません。

私の場合は乗り換えた後のほうが快適な接続環境になったほか、向こう1年間のLTEでのデータ通信が無料でできるようになって大変満足です。この契約にも2年間契約を継続するように制限がありますから、また2年経った時点で次の乗り換え先を探そうと思います。

光回線のプロバイダー乗り換えについて

プロバイダーの乗り換えというと、よく耳にする方が多いのではないかと思います。私も実は先日、長年利用していたplalaから業界利用者数No.1のocnへとプロバイダー乗り換えをいたしました。

なぜ乗り換えをしたかというと、パソコンのハッキングを受けていたようで(嘘のような本当の話です)、ウイルス対策ソフトなどを組み込んだ後に、念のためプロバイダーの乗り換えをしておこうと考えたからです。ハッキングの話はさておき、プロバイダーを変更して本当によかったと感じています。

私が乗り換えをしたocnでは、プロバイダー乗り換えの人だけが受けられる特典として2か月間料金無料という特典があり、これで約2000円もお得になりました。さらに、業界再大手ということもあり、他社よりも基本料金が100~200円/月お得だということも分かったのです。

さっそく私は、ocnの契約を電話で申し込み、plalaの方を解約することにしました。これでだいぶお得になりました。また、プロバイダーの競争があるために、乗り換えは定期的に行うとよりお得であるという話もあります。

さすがに一週間に一回など変更できるものではないし、そのようなことをすると会社に迷惑がかかってしまいますが、例えば2年に一回といった形でプロバイダーの乗り換えをすることで、多少の恩恵を受けられるようです。(会社もそれを見越して、2年契約などといった形を採用しているようです。2年後の解約でないと、違約金が発生するというものです。気を付けてくださいね。)